COACH(コーチ)のメンズバッグ、品質とコスパが魅力のブランド

COACH(コーチ)のメンズバッグ、品質とコスパが魅力のブランド

ニューヨーク・マンハッタン発祥のブランド「コーチ」。皮革製品を作る工房から出発して、1960年代には、野球のグローブにヒントを得た、耐久性能が高く、使っていくことで味の出るレザーコレクションを発表し、その名前を世に知らしめました。
 
製品を消費するのでは無く、長く使っていくことを考えた上質なコレクションは、実は年配の紳士を意識したコレクションでした。
 
コーチは、比較的手に入れやすいリーズナブルな商品構成のブランドとして知られていますが、その路線に転換したのは1990年代のことです。より多くの人々に届くようになったブランドは、イメージの転換に成功したと言えるでしょう。
 
しかし、コーチはブランドの名前が世の中に浸透した当初と同様、現在も男性向けのラインアップを設けています。高いクオリティーはそのままに、比較的リーズナブルな値段で購入することのできるメンズバッグは、幅広い年齢層の男性に受け入れられています。
 

COACH(コーチ)というブランド

1941年にSOHOで生まれたコーチは、レザーバッグや、財布などのレザー製品を中心に、アクセサリーなども発表し、注目を浴びます。創業当初はメンズ中心のコレクションでしたが、徐々にブランドの規模を拡大するにつれ、「手の届く高級品」にターゲットを広げていきます。現在はレザー製品のメーカーというよりは、総合ファッションブランドという位置づけになるでしょう。
 
コーチと言えば「グラブタンレザー」です。コーチというブランドの象徴として登場した、グローブの革を使って作られたバッグは、改良を加えながら、現在もラインアップに名を連ねている名品です。
 
コーチのメンズバッグは基本的にシンプルなので、おしゃれな日本人ビジネスマンにひじょうに人気があります。
 
コーチのビジネスバッグは、以前は比較的落ち着いた大人に人気でしたが、現在はシンプルでありながらも、若年層を意識したラインアップになっています。また、コーチの強みである「アウトレット」を最大限に利用。実際の商品に触れてもらうことで消費者に「良さ」を確認してもらい、ネットショップなどでの好調な販売につなげているのです。シンプルながらもおしゃれ感があり、ビジネスの場では主張しすぎないラインアップは、働き盛りのビジネスマン必須と言えるでしょう。
 

おすすめの店舗

COACH(コーチ)メンズトートバッグです。
カラーはブラックで、レザー・スエードレザー素材です。
シンプルかつお洒落なデザインをお求めの方におすすめの商品となっております。