COACH(コーチ)のメンズバッグ、品質とコスパが魅力のブランド

COACH(コーチ)のメンズビジネスバッグ

ビジネスの世界では、まぶしい飾りなどの無い、シンプルで機能性に富んだバッグが求められます。ドキュメントの整理整頓、小物を収納できるポケット、そしてラップトップやタブレット用のポケット。これらは現代のビジネスシーンにおいて欠かせないものです。「コーチ」のビジネスバッグには、それらのすべてが備わっています。
 
軽く、丈夫で高級感あふれるレザーも「コーチ」の魅力です。ビジネスバッグに限ったことではありませんが、ハードに持ち歩くことも多いビジネスのシーンでは大切な要素でしょう。「コーチ」が誇るスポーツレザーがこれを実現しています。
 

COACH HUDSON(コーチ・ハドソン)

メンズのビジネスバッグで絶大な人気を誇るのが「HUDSON(ハドソン)」です。シンプルでかざらない、機能的なバッグです。スリムなバッグですが、十分な収納スペースを持ち、ラップトップPCも余裕で持ち運べます。シンプルではありますが野暮ったさの無いデザインは、やはり「コーチ」とうならされます。耐久性も抜群な「ハドソンシリーズ」は、ビジネススーツと最高に相性の良いバッグです。
 

COACH BLEECKER(コーチ・ブリーカー)

ブリーカーのラインアップにあるビジネスバッグは、やはりシンプルで飾らないデザインです。実用性を重視し、どんなビジネスシーンにもマッチします。ビジネスバッグの他、バックパックやダッフルバッグも人気です。
 

COACH EMBASSY(コーチ・エンバシー)

ショルダーバッグにもなる2Wayタイプのブリーフケースは人気の「エンバシー」シリーズ。ハドソンやブリーカーと比べると、少し洗練されたイメージがあります。A4サイズもバッチリ収納することができて、内部のポケットもひじょうに使い勝手良くデザインされています。
 

COACH SMITH(コーチ・スミス)

ビジネスバッグとしては、少しカジュアルなイメージが魅力のシリーズ。それが「スミス」です。ブリーフケースは機能性とファッション性、どちらも高い傑作と言えるでしょう。
 

COACH CHARLES(コーチ・チャールズ)

チャールズは、シンプルなブラックが印象的なラインアップです。中でもメッセンジャーバッグやトートバッグは、どんな場面でも使いやすいと評判です。遊び心の効いたカモフラージュデザインもなかなか魅力的です。
 

COACH METROPOLITAN(コーチ・メトロポリタン)

メトロポリタンは、なめらかな牛革を使用、使っていくことで味わいが出る魅力があります。中でもスリムブリーフケースは人気。たっぷり大容量で、15インチのラップトップを余裕で持ち運ぶことができます。コーチのビジネスバッグの中では、比較的「おしゃれ」を主張しているバッグですが、実用性が削られていることはまったくありません。トートとショルダーの両方で使えます。
 

COACH MANHATTAN(コーチ・マンハッタン)

マンハッタンシリーズは、ビジネスからカジュアルまで、オールラウンドに使えるメンズバッグです。バックパックのヴァーシティースポーツは、大容量で、タブレット専用のポケットも装備。15インチラップトップも余裕で収納可能です。コーチの地元マンハッタンの名前が付けられたバックパックは、仕事の時間もフリータイムも楽しくしてくれます。
 

COACH VOYAGER(コーチ・ボイジャー)

コーチのメンズ旅行用ボストンバッグ「ボイジャー」は、他の有名ブランドのボストンバッグと比較するとひじょうにリーズナブルです。これもコーチというブランドの魅力。意外にコンパクトなバッグなので機動性に優れています。他にスーツケースなどを持っていく場合はベストな組み合わせになるでしょう。